タイトルバー タイトルバー タイトルバー
 CLUB INFORMATION
.
大隈講堂
早稲田大学創立125周年記念   校歌大合唱 (大隈講堂前にて)

 1907年、早稲田大学グリークラブは、「早稲田大学音楽会声楽部」として産声を上げ、団体として初めて早稲田大学校歌「都の西北」を歌いました。 1953年からは定期演奏会を開催するようになり、また、1952年からは、東京六大学合唱連盟(「六連」)および、慶應義塾大学・同志社大学・関西学院大学との東西四大学合唱連盟(「四連」)による定期演奏会を毎年行っています。
 早稲田大学グリークラブはその誕生から現代に至るまで数々の委嘱初演を成功させ、プロの音楽家も多く輩出してきました。定期演奏会のほかにも、国内や海外での演奏旅行やプロの演奏会への出演、テレビ番組への出演を含む依頼演奏など、幅広く活動しており、わが団は早稲田の数あるサークルの中でも、実績・知名度ともにトップクラスであると自負しております。

 団員は現在100人。その8割は「高校までは合唱未経験者」でした。楽譜をよむことさえできない全くの素人からスタートしたのです。 なるほど、入団当初はちょっとのぞいてみる程度の軽い気持ちだったのかもしれません。しかしこの100人以上の先輩・後輩・同輩と歌い、飯を食い、馬鹿話で盛り上がる……ただそれだけのことが、なんと楽しいことか。 仲間を愛するがゆえに、共にうたう歌を心から愛し、 常に「もっとうまくなりたい」という思いを秘めて、団員は日々の練習に励んでいます。